FBAを使ったせどりはアマゾンへの依存度が高い

FBAを使ったせどりはアマゾンへの依存度が高い

FBAを使ったせどりのデメリットの一つにはアマゾンへの依存度が高いことが挙げられます。

 

これまで、アマゾンを使ったせどりの特徴的なメリットを2つ上げましたが残念ですがデメリットもあります。

 

関連記事⇒投資としてみれば非常に勝率が高い
     ヤフオクよりこんなに楽でいいのでしょうか(笑)

 

FBAを使ったせどりはアマゾンへの依存度が高い

 

アマゾンを使うことで

 

購入者とのやりとり、返品、返金などのクレーム対応、発送など、多くの業務が軽減でき、さらにアマゾンの集客力が利用できるので、非常にありがたいのですが。

 

その分、アマゾンへの依存度が高くなってしまっているのが現状です。

アカウント停止は死活問題

 

アマゾンへの依存度が高いわけですから
仮にアカウントの停止は死を意味します。

 

余程のことをやらない限りアカウントは取り消されないと思いますが。
間違って、偽物のブランド品を売ってしまうと(知らなかったとはいえ)アカウントを停止されたりするそうです。

 

そのために大切なのはやはり誠実な事業運営だと思います。

 

関連記事⇒”過剰”ではなく”誠実”な運営を心がけましょう

 

 

SEOを中心にして稼いでいるアフィリエイターが
グーグルへ依存しているように

 

アマゾンを使ったせどらーもまた
アマゾンへ依存しているというわけです。

 

 

販路に関して、現実問題として選択肢は多くはありません。
多くない選択肢の中で、ダントツに使いやすのがアマゾンなので

 

アマゾンに依存度が高くなるのは事実です。

 

 

個人的な考え

 

個人的にな考えとしては

 

 

自分は今はアマゾンしか使うつもりはありません。
やっぱり便利ですからね。

 

 

アマゾンが使えるうちは使って
使えなくなったらその時、次の手を考えます。

 

 

もしかしたら、アマゾンと同じような
システムが他の会社でも利用できるように
なるかもわからないですし

 

 

いくら考えたって、先のことは
わからないです。

 

 

考えてもわからないことは
考えないようにしているので(笑)

 

 

 

今、何をすることが自分にとって
一番重要かといいますと

 

 

 

利用しやすいアマゾン使ってガツガツ稼ぎながら

 

物販ビジネスのノウハウを
吸収することだと考えています。

 

 

物販の原則原理を学んでしまえば
いくらでも応用は効きますからね。

 

物販ビジネスを学ぶ
学んでしまえばあとはなんとでもなる

 

くらいの気持ちで今は取り組んでいます。

 

 

合わせて読みたい関連記事

 

初の損切りでも高評価がついてラッキー
夫婦せどりのメリットはカモフラージュが効くところ
せどりビームの持ち方は?
やはりせどりは稼ぎやすい

記事が役に立ったらネコの顔を
クリックしてくれると喜びます。
↓↓↓↓↓↓↓
せどり,転売,デメリット

サポートしてます